会社方針

警備事業を行う当社のプロとしての役目

北九州にある有限会社 九州中央警備保障は、安全のプロフェッショナルとして、

どんな状況下においても最善の選択をすることを使命として、常に心がけております。

お客様のために、また自分のために、自分のプロとしての仕事を全うできるよう尽力しております。

北九州

代表あいさつ

当社は、安心・信頼・向上を社訓に掲げ、平成10年4月に設立致しました。
警備法で定められている法定教育はもとより、多様化するニーズに応えるべく、他社にはない独自の教育システムを導入し指導してまいりました。
その結果、機動力あふれる警備を確立し、お客様に満足いただける安全・安心を提供できると確信しております。
弊社の特徴として平均年齢40代と、交通誘導警備員としては比較的若い年齢層を主として、常に警備員の質の高いレベルに維持し続けることを目標にしております。

                   代表取締役 小代智昭

設立当時からの思い

  • 交通誘導警備において九州で1番になりたい。

  • 従業員全員が明るく家族と食事をとれるようにしっかり管理していく。

九州中央警備保障社訓

社訓

 

 


「安全」「信頼」「向上」

 

・我々はまず警備業という安全分野で就労していることをしっかり認識する。
・現場においてユーザー、地域の方、第三者の安全を確保することによって信頼を得る。
・安全を確保し信頼を得るためには、会社・従業員の知識・技術向上が重要である。
・安全、信頼、向上に終わりは無く常にループしている。


   安全を確保し、信頼を得る、その為に自らの技術・知識の向上を図り、安全を確保する。

今後の企業方針

① 警備員指導教育責任者の確保

⑤ 人材の確保

② 警備のプロ育成

⑥ 人格の陶冶

③ 誘導業務の効率化推進

⑦ 地域への奉仕

④ 災害ゼロの推進

⑧ 文化・慣習を大事にする